美味しいお茶の入れ方

煎茶の入れ方

煎茶の魅力は、お湯の温度などによって味わいが変化し、ひとつのお茶で様々な香味を楽しめることです。
お茶の成分の溶け出し方をコントロールすることにより、80℃以上で入れれば苦渋味が強く、それより低い湯温で入れれば、うま味と甘味を強く感じられるお茶が入れられます。


上級煎茶
うま味や甘味を豊富に持っているのが特徴ですので、それを味わうために、苦渋味があまり出ないように、お湯の温度を少し冷まして入れます。
(70℃くらいが適温です)

中級煎茶
日常のお茶としてよく飲まれ、さっぱりとした味わいと、さわやかな香りが特徴のお茶です。その香りと、キリッとした苦味を味わうために、やや高めの湯温で入れます。
(80~90℃くらいが適温です)

 ▼煎茶の入れ方 ~手順~



1.5分程沸騰させた湯を用意する



2.各湯のみの8分目まで湯を注ぎ、湯冷ましする
(上級煎茶の場合、湯冷ましに一度、湯を移してから湯のみに注ぐ)



3.急須に茶葉を入れる (1人分は2~3g。1人で飲む場合は5g。)
※茶さじ(ティースプーン)で軽い山盛りで約2g、山盛りで3gが目安となります



4.湯呑みの湯を急須に注ぎ、蓋をして1分程待つ
(上級煎茶の場合、2分程待つ)



5.各湯のみに、少しずつ順に注ぐ
(茶碗3客の場合、①②③と注ぎ、③②①と戻り、これを繰り返す)



6.最後の一滴まで注ぎ切り、急須の蓋をズラしておく
(茶葉が蒸れず、2煎目以降も美味しく淹れられる)



7.二煎目以降を入れるときは、その都度、少しずつお湯の温度を上げ、浸出時間は半分程にして入れる


フェイスブック
インスタグラム
電話番号

10800円以上ご購入で送料無料
一宮市近郊のお茶の配達
楽天ID決済

営業日案内
  • 今日
  • お休み

定休日:日曜・祝日の月曜
営業時間:9:00~18:00

美味しいお茶の入れ方
お茶の保存方法
美味しい抹茶の点て方
お茶を使ったレシピ

初めてのお客様へ

ご利用案内
よくあるご質問
会員登録

真清園 店主よりご挨拶

日本茶インスタラクターのいる日本茶専門店

このショップを管理している日本茶インストラクターの八木と申します。
ご不明な点や、ご意見等ございましたら何なりとお申し付け下さいませ。
誠意、誠実をモットーにお客様が安心してお買い物ができるよう努めてまいります。

店舗情報


ますみえんインタグラム

ページトップへ