お茶の豆知識

急須で入れるお茶vsペットボトルのお茶

 ▼お茶は気分しだいで飲み分けるのもイイネというお話です。

スーパーやコンビニをのぞくと、数多くのペットボトルや缶の緑茶ドリンクが陳列されています。香料などを加えて特徴を出したもの、ネーミングで自己主張しているもの…。見るだけでも楽しくなります。

その手軽さで大人気の緑茶ドリンクと、少し手間がかかる急須で入れるお茶を比べてみました。

■茶葉で入れたお茶の方が旨みが出る
緑茶ドリンクと急須で入れた煎茶の旨みや成分を比較すると、急須で入れた煎茶の方が、約3倍すぐれていることが分かっています。

理由
・緑茶ドリンクで使われている茶葉が、二番茶、三番茶が多いこと
・茶葉の量が250mlに対して2g程度しか使われていないこと(使う茶葉の量を増やすと渋みや苦みが強くなってしまうため)

さらに酸化防止剤としてビタミンCが強化されていること。やはり余分なものを加えると、お茶本来の旨みはそこなわれてしまいます。

■コスト面で比べると、どちらが経済的かは一目瞭然
ペットボトル
ピンキリですが100円くらいでしょうか。そこには2gの茶葉しか使われていません。

急須で入れたお茶
例えば、100g、1000円の一番茶を自分で入れると、単純にペットボトル約50本分。さらに急須で入れたお茶は、三煎まで飲めますから150本分となります。

■実際に100g、1000円の茶葉で入れると、1杯当たり〇〇円

1人で飲む場合(1回に茶葉5g使用)20回分×一回につき3煎=60杯1杯16.7
3人で飲む場合(1回で茶葉8g使用)12.5回分×一回につき3煎×3人=112.5杯1杯8.9
5人で飲む場合(1回で茶葉10g使用)10回分×一回につき3煎×5人=150杯1杯6.7


■緑茶ドリンクと急須で入れるお茶をいろいろな側面から比べてみましたが
急須で入れたお茶
お茶本来の味や香りを楽しむときや、より高いお茶の健康効果を期待する場合

ペットボトル
お風呂上りや真夏の外出時に冷えたお茶をゴクゴク飲むのなら、薄い方が飲みやすく、すっきりとのどの渇きを解消してくれます。何より手軽で、持ち運びも楽々。

■どちらを飲むかは、みなさんの好みと価値観しだい
便利さか手軽さか、それとも味と効能か。
みなさんも是非、気分によって使い分けるなど、お茶時間を楽しんでみてはいかがでしょう。
ゆっくりと時間をかけて入れたお茶も、またいいものです。

ちなみに私は、お茶屋を営んでおりますが、稀にペットボトルのお茶を飲むこともありますし、何より炭酸飲料が好物ですし、食後のコーヒー+たっぷり牛乳は欠かせません。まさに気分次第です。

コーヒーも気分によって、ドリップして入れたり、溶けてしまうタイプを使ったりしています。
コーヒーの世界も、気分に合わせて、こだわりの豆をチョイスなんかするようになったら、またティータイムが楽しくなりそうですね。

フェイスブック
インスタグラム
電話番号

10800円以上ご購入で送料無料
一宮市近郊のお茶の配達
楽天ID決済

営業日案内
  • 今日
  • お休み

定休日:日曜・祝日の月曜
営業時間:9:00~18:00

美味しいお茶の入れ方
お茶の保存方法
美味しい抹茶の点て方
お茶を使ったレシピ

初めてのお客様へ

ご利用案内
よくあるご質問
会員登録

真清園 店主よりご挨拶

日本茶インスタラクターのいる日本茶専門店

このショップを管理している日本茶インストラクターの八木と申します。
ご不明な点や、ご意見等ございましたら何なりとお申し付け下さいませ。
誠意、誠実をモットーにお客様が安心してお買い物ができるよう努めてまいります。

店舗情報


ますみえんインタグラム

ページトップへ