西尾抹茶 『初昔』 薄茶用

価格: ¥550 (税込) ¥2,200 (税込)
数量:
内容量価格在庫購入
20g¥550(税込)在庫あり
40g¥1,100(税込)在庫あり
60g¥1,650(税込)在庫あり
80g¥2,200(税込)在庫あり

返品についての詳細はこちら

レビューはありません

クセがなく、ほのかな渋み 『初昔』

ふくよかな香り・旨みと、ほのかな渋みが楽しめる抹茶。
クセがなく、どんな方にも受け入れられる『初昔』は当店人気ナンバー1です。
喉を通り過ぎていく柔らかな甘み、舌に残る抹茶独特の香りと渋みは、飲んだ後の余韻も楽しめます。
迷った時には、まずは『初昔』からお試しください。お稽古用にもおすすめです。

西尾抹茶

抹茶生産量日本一 西尾の抹茶

西尾の抹茶とは、愛知県東部に位置する西尾市とその周辺地域で生産された茶葉を、同地域において碾茶(てんちゃ)加工・仕上げ精製し、茶臼挽きした抹茶のことで、深い味わい・豊かな香り・鮮やかな緑が特徴です。
2009年に特許庁より、地域ブランドとして認定されています。
西尾の抹茶は全国生産量の3割を占めており、碾茶の品評会などで数々の賞を受賞しています。
※碾茶とは抹茶の原料となるお茶のこと。

西尾抹茶が生育されている西三河は、お茶を栽培するのに最高の自然条件が整っています。
温暖な気候と、茶畑周辺に流れる矢作川がもたらす水はけのよい土壌。砂状の赤土が混ざっているので、排水がよく豊かな土壌を作ります。
また、矢作川で発生する川霧が気温の寒暖差を生み、旨みを多く含むお茶が育ちます。

碾茶の覆下栽培

棚式覆下栽培で日光を遮り、旨み・甘みを蓄えます

抹茶の原料となる碾茶は、新芽の出る4~5月にかけて約25日間、棚式覆下栽培(たなしきおおいしたさいばい)がされます。
棚式覆下栽培とは、お茶の木に日光が当たらないように寒冷紗(かんれいしゃ)という黒い覆いをして栽培する方法です。
日光を遮ることで渋み成分であるカテキンが抑えられ、旨み成分であるテアニンの量が多くなります。
また栄養が枝の生長に使われるため、抹茶に適した薄く柔らかな新芽になり、覆い香(おおいか)と呼ばれる香ばしく甘い独特の香りがつきます。

摘み取った茶葉を「蒸し」→「冷却」→「乾燥」することで碾茶になり、「選別」→「石臼挽き」すると抹茶が出来上がります。
茶葉を乾燥させる際は、愛知県内で考案された「三河式碾茶乾燥炉」を使用して、安定した品質の碾茶を仕上げています。

碾茶を茶臼で挽く

抹茶を挽くのに最適な、岡崎産の茶臼

美味しい抹茶を作るために重要なのは「石臼」です。西尾に隣接する岡崎市は、良質な石の産地で、抹茶専用の茶臼に適した御影石(みかげいし)を産出しています。
石細工の高い技術により、抹茶に最適な固さ・キメの細かさで、4ミクロンほどの細かい粒子の抹茶になります。
臼は低速でじっくり時間をかけて挽きます。高い温度が発生しないように挽くことで、色や香り・風味を損なわず美味しい抹茶となります。
京都を始め、全国の抹茶専用茶臼の多くが岡崎産と言われています。

抹茶を点てる

お薄(おうす)とお濃茶(おこいちゃ)

抹茶には「お薄」と呼ばれる薄茶と、「お濃茶」と呼ばれる濃茶の2種類の点て方があります。
日常生活で馴染みがあるのは、表面がふんわりとした泡で覆われた、濃度が薄い「薄茶」です。
「濃茶」は、薄茶の2倍ほどの抹茶を使い、練るように点てられます。表面は濃い緑色でツヤツヤと光沢があり、濃度が濃くドロっとしています。
気軽なお茶会で出されるのが薄茶で、本格的な茶事では濃茶も出されます。
薄茶と濃茶は、抹茶の製法に大きな違いはありませんが、茶葉の質によって使い分けられます。
濃茶の方が抹茶の濃度が高くなるため、抹茶の善し悪しが出やすくなります。
味や香り・色が良く、苦味の少ないまろやかな風味のある上級な抹茶が、濃茶に適しており、それ以外が薄茶に適しています。
ただ、抹茶は全て、薄茶として召し上がっていただく事が出来ますので、濃茶に向いている高級な抹茶でも薄茶として点てていただくと、自然のうま味とふくよかな香りを堪能することが出来ます。

抹茶の保存方法

開封後は、出来る限り袋の中の空気を抜き、しっかりとチャックをしてください。
すぐに使う場合は、高温多湿を避け、常温で保存します。
温度・湿度が高くなる梅雨時から夏にかけての時期、またしばらく使わない場合は、冷蔵保存してください。
冷蔵庫から出した抹茶は、必ず常温に戻ってから開封してください。(すぐに開封すると、結露で抹茶が湿ってしまいます。)
※おいしく飲んで頂けるのは、お買上げ日より2カ月が目安です。できるだけ早目にお召し上がりください。

ご注意

抹茶に小さいコロコロした塊(ダマ)が出来る場合がございます。このダマは品質劣化が原因ではなく、摩擦による静電気で発生するものです。
そのままでも点てることは出来ますが、ダマはお湯に溶けにくいので、飲んだ時に舌に残ってしまい口当たりが悪くなってしまいます。
お届けする際、一度ふるいにかけて袋詰めしておりますが、もしダマが出来てしまった場合は、面倒でも抹茶ふるいのご利用をお勧めいたします。
ダマをなくすことは、美味しくいただくための「ひと手間」です。

お届けする際の袋について
20g・40gの袋 抹茶の袋 抹茶の袋英語表記 60g・80gの袋 抹茶の袋
商品詳細
名称 抹茶
原材料名 緑茶(国産)
賞味期限 お買い上げ日より2ヶ月
保存方法 高温・多湿を避け移り香にご注意下さい。
西尾抹茶
ますみえんのお抹茶ラインナップ※銘柄をクリックするとページに移動します。
『蓬莱』…濃厚な旨み・甘み
『大内山』…渋み控えめで、まろやかな味わい
『白鳳』…旨み・甘み・渋み、バランスの取れた味わい
『初昔』…クセがなく、ほのかな渋み(一番人気)
『宮の森』…後味さっぱり 普段使いに
『千代の真清』…軽い口当たり 料理・お菓子作りにも
薄茶の点て方はこちら 薄茶の点て方はこちら

この商品を買った人は、こんな商品にも興味を持っています

フェイスブック
インスタグラム
電話番号

10800円以上ご購入で送料無料
楽天ID決済

営業日案内
  • 今日
  • お休み

定休日:日曜・祝日の月曜
営業時間:9:00~18:00

美味しいお茶の入れ方
お茶の保存方法
美味しい抹茶の点て方
お茶を使ったレシピ

初めてのお客様へ

ご利用案内
よくあるご質問
会員登録

真清園 店主よりご挨拶

日本茶インスタラクターのいる日本茶専門店

このショップを管理している日本茶インストラクターの八木と申します。
ご不明な点や、ご意見等ございましたら何なりとお申し付け下さいませ。
誠意、誠実をモットーにお客様が安心してお買い物ができるよう努めてまいります。

店舗情報


ますみえんインタグラム

ページトップへ